一般社団法人 日本創作新舞踊協会は、舞踊文化のさらなる発展並びに新しい伝統芸術の創作を目指しています

【会長挨拶】
 一般社団法人 日本創作新舞踊協会会長 石田昇司
日本創作新舞踊協会は、平成10年4月に設立され、同21年3月に一般社団法人として認可されました。
 その設立の趣旨・目的は、「全国の舞踊家の皆様をはじめ関係業界や踊りを愛する一般の皆様方が、思いを同じくして寄り集い、孤立することなくお互いに助け合いながら、日本の舞踊文化の一層の昂揚と発展を図る」ことにあります。
 踊る人、見る人、そして各界各層の人々が心を一つにして支え合うことができますならば、計り知れないほどの大きな力が生まれるものと確信致しております。
 当協会では、こうした設立の趣旨・目的を実現する一環として、現在、月刊新聞『新舞踊』を発刊するとともに、「新舞踊名流顔見世公演」「全国新舞踊家元公演」「兵庫大会 葉月に舞う」「京都・滋賀大会 長月に舞う」「新舞踊全国家元 東京公演」を開催するなどの活動を展開しています。
 皆様方のなお一層のご支持・ご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
【沿革】
平成10年4月 新舞踊協会設立
平成18年5月 日本創作新舞踊協会に改称、商標登録
平成21年3月 一般社団法人 日本創作新舞踊協会、社団法人に認可
【連絡事務所】
〒611―0002 京都府宇治市木幡御蔵山39の1518
TEL 0774-39-8007